お金が無いならキャッシングでピンチを防ぐのが良いですよ

キャッシングおすすめランキング

 

永作博美さんのp、一度は見たことがあるのではないでしょうか?

 

「はじめてのアコム!」のフレーズで有名になったところです!

 

アコムは審査時間がたったの30分なので、
その日のうちにお金が借りたい人にもおすすめです!

 

50万円以内なら収入証明がいらないので、簡単でもあります。

 

現在、はじめての方なら最大30日間無利息キャンペーン中!

 

3秒簡単診断もあるので、審査に不安な方は是非!

 

 

http://www.acom.co.jp/

 

 

 

平日14時までにWEB契約完了で当日振込してくれる瞬フリが人気です。

 

14時が過ぎた場合でも審査の後に自動契約機に行けば、当日借りることができます。

 

瞬フリを利用するには三井住友銀行orジャパンネット銀行に口座を持ってる必要があります。

 

30日間無利息サービスも実地中!
(※メールアドレスとWeb明細利用の登録された方限定)

 

審査が不安な方は3秒でわかる簡単診断がおすすめです。

 

 

http://cyber.promise.co.jp/

 

 

3位以下をご覧になる方は下をタップ

↓↓↓

 

 

お金が無い

クレカもおすすめ

アコムACマスターカード

 

年中無休で最短即日でクレジットカードが受け取れます。

 

一定の収入があれば、アルバイトやパート、主婦の方でも申込みできます!

 

キャッシング付きクレジットカードなので、キャッシングとして利用することも可能です!

 

年会費無料なのもうれしいところです!

 

http://www.acom.co.jp/p/lineup/credit.html

 

お金が無い人へ!借金と付き合う

お金が無い

借金は絶対しないという事で、クレジットカードもカードローン等も持たないという人もいますが、現在社会でまったく借金なしで生きていくことは無理があります。ちょっとした支払であってもクレジットカードで支払った方が便利ですし、おまけがつくことも少なくありません。住宅などを買う際に現金払いをする人の割合は非常に少ないはずです。
そのため、借金は忌み嫌う存在ではなく、うまく付き合っていく存在として賢く使うことが必要です。とはいえ難しい話ではなく、借金をしたら返済のコントロールをすることを考えればいいのです。借りたお金は返済する必要があります。当然利息が必要な場合もあります。返済のコントロールさえできれば借金は怖いものではありません。
借金とうまく付き合って、乗り切っている人は生活自体のコントロールがうまいです。若いのにちょっとおしゃれな生活をしている人を観察していると、スーツ等はちょっと上質のものを着ています。スーツのようにある程度耐久性があるものにはお金をかけるのです。しかし、お昼ご飯はコンビニのおにぎりで済ましたり、最近はやりの弁当男子だったりします。借金に限らず自分の生活をうまくコントロールできる人は、借金ともうまく付き合い、自分の生活を豊かにしています。
住宅や車は借金をして買っていいものだと言われています。これらの物は長期間便利に利用することができるので、利息を支払っても自分自身にとってメリットがあります。利用している間に返済できれば問題はないのです。賢い借金の好例でしょう。
これに対し、即時消耗品やギャンブルなどのために借金をすることは危険ですし、意味がありません。借金で破綻する人の多くはこのような理由で借金をしているのです。


会社と個人の借金の違い

お金が無い

一部の優良企業を除いて全くの無借金企業というものは少ないです。借金をすることで事業規模を拡大できますから、収益の拡大ができるのです。とはいえ野放図な借金が企業経営を圧迫することには変わりありませんから注意が必要です。
これに対し、個人がする借金で一番大きなものは住宅ローンでしょう。住宅ローンはその金額が1000万円単位であり、返済期間も20年も30年もかかります。自分の子供が大きくなり、やっと借金返済が終わった頃には定年退職の時期だったという事も少なくありませんし、退職金でやっと住宅ローンが終わったという事も少なくありません。
両社の違いは、借金をすることで収益が獲得できるか、あるいは単なる消費かという違いです。企業の借金は自社の信用を利用した事業拡大の手段です。返済資金は借金による売上拡大が原資となりますから、事業計画に問題ないと銀行側が判断すれば貸付が実行されますし、得られる利益が支払利息より大きければ十分収益も拡大するでしょう。
個人の借金は、その返済原資は主に給料です。働いて家の借金を返しづけるわけですが、家を買う資金を貯めてから買うとなるといつになるかわかりません。賃貸住宅に住み続けるという方法もありますが、一国一城の主という言葉もあるように、マイホームは男の夢です。マイホームを資産という人がいますが、売ってしまうと住むところがなくなるのでマイホームは資産ではなく消費財です。欲しいものを前倒しで買うと考えた方がいいでしょう。
このように、企業の借金は自社の経営拡大という目的でするものであり収益も拡大するプラスの要因です。これに対し、個人の借金は将来の収入をあてにして買い物をするマイナスの要因です。両者の違いはしっかり認識すべきでしょう。


ジャンプアップ

お金が無い

借金をする際、返済計画を立てればある程度の安心感をもって借入ができます。借金も野放図にすることは禁物ですが、借入資金を将来のためになることに使うなら生きた借金になります。借金は自分自身をジャンプアップさせてくれる手段です。将来の収入を前倒しで使うようなものですから不安もありますが、住宅ローンのように借金しないと買えないようなものもあります。自分で返済計画を立てる必要はありますが、それだけの価値はあります。
生きた借金をする人は、返済にも熱が入ります。自分のためになるものを買ったわけですから、返済し甲斐があると言えるでしょう。実際にこのような生きた借金をした人は貸倒も起きず、銀行も安心して貸すことができます。
これに対し、ギャンブル等のために野放図にする借金は単なる浪費です。ギャンブルも気晴らしにちょっとやる程度なら娯楽の範囲内ですが、自己資金だけではなく、借金してやるようになったら赤信号です。遠からぬ将来破綻するでしょう。ギャンブルのようなものは生産性もなく、単なる無駄使いです。
人によっては、借金という事自体にアレルギーを持っている人もいます。孫子の代まで借金をするなという家訓を持っている家も少なくないようです。しかし、別に借金のすべてが悪いわけではありません。生きたお金を使うための借金であれば別に問題はないのです。いい借金と悪い借金では違うのです。両者の峻別は大切でしょう。
生きた借金をするかしないかは、その人の人生を変えることも珍しくありません。住宅ローンの是非は人によってまちまちですが、それによって精神的に豊かになれるのであれば借金をした甲斐があるわけです。このような借金は自分自身をジャンプアップさせてくれるのです。


どうしてあんなに返済できるのか

お金が無い

週刊誌などの記事で芸能人などの有名人が、億単位の借金を返済してしまったという記事が出ています。ある大銀行でカードローンのイメージキャラクターをしている俳優は、過去に多額の借金を背負っていた過去があり、しっかり返済し切った経歴があります。銀行が一番喜ぶパターンでしょう。
しかし、このような話を聞くと芸能人は一体いくら稼いでいるのだろうかと思いたくなります。芸能人やプロスポーツの選手は、トップスターになれば年俸は億単位です。所属事務所などが税金の計算を有利にするようにしてくれており。できるだけたくさんのお金を手元に残すことができるようにしています。10億だろうが、20億だろうが返済で来てしまう原資があるわけです。
もっとも、そのような原資があるとはいえ、借金返済中は生活に制限がかかります。有名人の中には自分のイメージダウンを恐れてか、返済中も派手な生活をしている人がいますが、慎ましい女優さんなどは自分の生活を切り詰めて借金返済をしていたという話もあります。トップ女優とはいえ、借金を背負ってしまうとそのようなことになってしまうわけです。
有名人にとって自己破産の選択は、自身の有名人としてのキャリアに終止符を付けることになりかねません。すぐに週刊誌が記事にしますし、所属している事務所などもイメージダウンを嫌がって解雇してしまうことが少なくないのです。そのため、女優さんであればヌード写真集を作ってでも返済資金を調達して、なんとか自己破産を回避しようとします。
売れている有名人であれば、事務所なども返済のサポートをしますし、積極的に仕事の売り込みもします。本人は大変ですが、仕事があればやっていけるのです。こうしてウン十億と言われる借金でも返済してしまうのです。


花開くか自己投資

お金が無い

30代の独身男性を中心に自己投資が盛んになっています。資格試験の専門学校やMBA取得のための大学院は大人気のようです。人によっては海外の有名大学院を受験して自己資金で留学している人もいます。とはいえ、残念ながらこれらの人のうち多くは、志半ばで諦めることになります。難関資格の合格率は1割以下なのです。しかもこれらの学費は結構高額であることが多く、借金をして挑戦する人も少なくありません。
この手の借金は無担保融資なので金利は低くはないでしょう。おそらく会社の付き合いもソコソコに専門学校へ一直線と言うことも少なくありません。志が高いのはいいのですが、付き合いも大切です。上司の評価も芳しくなくなることが多くなります。
借金が増加しても出世競争に遅れても、目標が達成されれば問題はないでしょう。文字通り薔薇色の未来が約束され、称賛とやっかみの視線が降り注ぎます。しかし、問題は志半ばで諦めることになった場合です。すべての努力が無駄になり、借金だけが残ります。ハイアンドローと言うべきこの落差は一種のギャンブルです。
資格試験等の勉強に精を出しているこのような時期には勉強に熱心で、借金のことはあまり考えないのですが、ちょっと一息ついた時に改めて借金の重みを感じることがあります。自分の努力は報われるのだろうかという不安は、増加を続ける借金と共に自分の精神的安定を蝕みます。精神的に耐えられなくなる方が先か、合格や卒業が先かという極限の状態の日々が続きます。
自己投資も結構ですが、何事も予算があります。お金の予算だけではなく、時間にも制約という予算があります。予算の範囲内で頑張ることが一番大切であり、努力が花開く要因なのです。


サラリーマンがお金を借りるなら

サラリーマンがお金を借りる時、優先条件によってベストな借入方法は変わります。優先条件が「審査・融資までのスピード」、「金利」のいずれかの場合、それぞれのベストな借入方法を見てみましょう。
スピード第一で借りたいなら、まずは手持ちのクレジットカードのキャッシング枠の利用が考えられます。いくらまで借り入れできるかというキャッシング利用枠の設定を済ませてあれば、審査も書類の提出も不要で借り入れできます。多くのクレジットカード会社では、ネットや電話でキャッシングを申し込むと、借入希望額を”最短数十秒〜翌営業日”で口座に振り込みます。注意点は、金利が高い点と利用枠が比較的小さい点。もし、もともとキャッシング枠付きのクレジットカードを持っていなかったり、借り入れ希望額が大きい場合は、消費者金融のカードローンを利用しましょう。ただし、消費者金融は総量規制の対象なので、借り入れ額は最大でも年収の3分の1までに制限されます。消費者金融は、「申し込みから審査まで最短30分」、「融資は最短1時間」など、全般的にスピード面が優れています。しかし、やはり金利は高め。
一方、金利の低さ重視で借り入れたいなら、銀行のカードローンがあります。しかも銀行のカードローンは総量規制の対象外ですから、年収の3分の1を超えた借り入れができます。しかし融資までのスピードは消費者金融ほどではありませんし、審査は厳しいです。
さて、最後に、消費者金融と銀行のカードローンの審査について、サラリーマンがもっとも知っておくべきことを挙げておきます。それは”会社バレ”を防ぐコツ。通常、どちらのカードローンも審査の一環で、在籍確認の電話を会社にかけてきます。事前に依頼すればカードローン会社名ではなく、個人名で電話をかけてくれます。それでも会社バレが気になるなら、「会社バレが怖いので電話は避けたい。代わりに社員証か源泉徴収票を提出したいのですが」ともちかけてみましょう。対応してくれるはずです。

農家がお金を借りるなら

農家がお金を借りるなら、JAカードローンから検討してみてください。JAカードローンは、低利といわれる大手銀行カードローンより、さらに低い金利で借りられる可能性が高いのです。はじめての借り入れの場合、上限金利が適応されるものですが、ほとんどのJAカードローンの上限金利は銀行カードローンの上限金利を下回っています。利用限度額は、カードローンの種類で変わり、大体30万円〜500万円くらいになるようです。また、申し込み条件は、JAによって異なりますが、大抵のJAでは、主な申し込み条件として、契約時の年齢は20歳以上70歳未満、そのJAの営業地区内に住んでいるか、もしくは勤めていること、継続的に安定した収入があることを挙げています。通常、はじめての借り入れ額は少額になるので、所得証明書の提出は不要ですが、一定以上の高額の借り入れを希望する場合には必要になります。
さて、低金利が魅力のJAカードローンですが、利用するには、審査に通らなければなりません。審査では、これまで借り入れ経験があるか、経験ありの場合、返済が遅れたことはあったか、継続的に安定した収入が見込めるかなどを確認し、カードローン申込者の返済能力を判断します。審査を経て、融資を受けるまでに早くても1週間はかかるといいます。もっと早く借り入れしたいなら、銀行や消費者金融のカードローンを考えてみましょう。いずれも、最短で即日借り入れ可能なものがあります。さらに、申し込みから、審査、契約、借り入れ、返済までの手続きを、携帯電話やパソコンで完了できるネット完結型カードローンが珍しくありません。時間がなかったり、周囲に借り入れを知られたくなかったりする場合には助かります。ただし、銀行の審査は厳しく、消費者金融は金利が高い。これらの点も頭に入れて最適なカードローンを選びましょう。

個人事業主がお金を借りるなら

個人事業主なら、まとまった事業資金を速く低利で借りたいことがあるはず。そんな時には、カードローン式ビジネスローンの利用を考えてみましょう。
ビジネスローンは、消費者金融、信販会社、銀行などが扱っています。本来、消費者金融や信販会社などの貸金業者は、個人には年収の3分の1以下までの金額しか融資できませんが、ビジネスローンのような事業資金としての貸付であれば、年収の3分の1を超える金額でも融資可能です。
ビジネスローンを申込む際には、原則的に本人確認書類に加え、確定申告書、事業計画などの書類の提出が必要になります。書類の準備や審査に手間がかかるため、ビジネスローンは、一般的なカードローンと比べ、申し込みから融資までに時間がかかりがちです。しかし、大手消費者金融や信販会社のビジネスローンの中には「最短即日融資」を掲げるところがあります。最高利用限度額は300万円、500万円ぐらいで、パソコンや携帯電話、スマホで申し込みから借り入れ、返済までできるというものです。ただし、金利は高めです。
一方、銀行のビジネスローンは、金利は低いですが、審査は厳しく融資スピードは消費者金融ほどではありません。消費者金融、銀行ビジネスローンのそれぞれの特徴を考えて、併用するのがベストな借入方法のようです。まず、低利の銀行ビジネスローンで借り、借りきれなかった金額は、消費者金融などのビジネスローンで借りる。高金利の消費者金融の借り入れを優先的に返済し、金利負担を軽くしていく。こういう流れで手堅く資金繰りしてみましょう。なお、一般的なカードローンの大半は事業資金に利用できませんが、中には、事業資金として利用できるものがあります。事業資金として利用でき、しかも「○○日間利息ゼロ」という”おまけ”つきの消費者金融カードローンもありますから、こうしたカードローンを利用して利息ゼロの期間内に返済すればコスト削減になります。

 

愛媛銀行のカードローン

 

愛媛銀行のカードローン「ひめぎんクイックカードローン」は、”来店不要・口座なし・30日間無利息”が特長。
ひめぎんクイックカードローンは、愛媛銀行の口座を持っていなくても申し込めますし、カードローンの契約のために返済用口座を開設する必要はありません。また、カードローンの申込みはパソコン・スマホ・携帯電話・FAX・店頭・電話・郵便で、契約はパソコン・スマホ・店頭・郵便でできます。申し込み、契約はいずれも、希望すれば来店不要で手続きできるようになっています。
しかも銀行のカードローンとしては珍しい無利息期間付き。ひめぎんクイックカードローンを初めて利用する人は、パソコン、スマートフォンのみで契約を完了させる「Web契約」で契約日から30日間無利息になります。こうした特長から、便利でお得感のあるカードローンといえます。
利用限度額は、10万円〜800万円、借入利率年4.4%〜年14.6%です。契約方法には「Web契約」と「郵送・店頭契約」の2種類があります。利用限度額は契約方法によって異なり、Web契約は10万円〜300万円以下、郵送・店頭契約は10万円〜800万円以下になります。
ひめぎんクイックカードローンの「最大利用限度額800万円」は、銀行のカードローン全体の中で見ると、比較的大きい金額。一方、借入利率は標準的です。探せば、もっと低金利の他行のカードローンはあるでしょう。しかし前述の特長に加え、原則的に申込みの受付日に審査結果を回答、愛媛銀行以外の本人口座でも契約と同時に融資金振込など、ひめぎんクイックカードローンは、銀行のカードローンには珍しくスピード感があります。このスピード感にも注目して、利用の是非を検討したいところです。
借入、返済には愛媛銀行、及び提携金融機関、コンビニエンスストアのATMを利用。ATM利用は要手数料。返済は、愛媛銀行の窓口、振込でも可能です。また毎月の返済以外に、家計に余裕がある時に随時返済できます。ひめぎんクイックカードローンの利用条件は20歳以上65歳以下、安定した収入など。専業主婦、パート・アルバイトは利用できますが、収入が年金のみの人は利用できません。利用限度額が300万円までは所得証明書類不要。

 

男性と女性でどちらが多くお金を借りることができるか?

 

男性と女性では、審査上どちらが有利かと聞かれることがあります。
一時期、レディースローンという女性向けの消費者金融が出てきた際は「いざとなったら女性はアルバイトができるからかな・・・」と女性が聞いたら怒り出しそう話をした人がいたようです。
レディースローンは、女性の担当者が最初から最後まで対応するローンの事です。

 

消費者金融では、最近レディースローンという名前のローンが増加しています。
女性にとって、消費者金融という存在は若干ながらも怖い存在なのです。
そんな女性にとって、レディースローンという名前は、安心して申込ができる存在なのです。

 

しかし、レディースローンの金利や融資限度額は、他のローンより有利なわけではありません。
確かに、女性向けにWEBの画面は明るい色にしてあったり、ピンク調だったりすることもあります。
とはいえ、女性に好まれることを意識しているだけであり、商品内容が有利なわけではありません。

 

女性は、男性よりお金に関してシビアだからと考えている人もいるようです。
確かに、そのような女性も少なくはありません。その反面、浪費をして自己破産に追い込まれるのは男性より女性の方が多いのです。
衝動買いをする頻度は女性の方が多いと思いませんか?

 

デートなどでは、男性が見栄を張って女性に奢ることが多いため、男性の方がお金を使うことが多いと思われがちです。
しかし、女性がお金を使わないわけではありません。エステなどの施術代金は結構高いため、信販会社の提携ローンを使う人が多いです。このローン返済がきつくて消費者金融に借入を申し込む人が案外多いのです。

 

男性も女性も、性別だけで審査面で区別を付けられることはないのです。
審査で重要なのは返済能力なのです。

更新履歴