お金が無いならキャッシングでピンチを防ぐのが良いですよ

キャッシングおすすめランキング

 

永作博美さんのp、一度は見たことがあるのではないでしょうか?

 

「はじめてのアコム!」のフレーズで有名になったところです!

 

アコムは審査時間がたったの30分なので、
その日のうちにお金が借りたい人にもおすすめです!

 

50万円以内なら収入証明がいらないので、簡単でもあります。

 

現在、はじめての方なら最大30日間無利息キャンペーン中!

 

3秒簡単診断もあるので、審査に不安な方は是非!

 

http://www.acom.co.jp/

 

 

 

アイフル

 

 

http://www.aiful.co.jp/

 

 

 

 

3位以下をご覧になる方は下をクリック

↓↓↓

 

 

お金が無い

クレカもおすすめ

アコムACマスターカード

 

年中無休で最短即日でクレジットカードが受け取れます。

 

一定の収入があれば、アルバイトやパート、主婦の方でも申込みできます!

 

キャッシング付きクレジットカードなので、キャッシングとして利用することも可能です!

 

年会費無料なのもうれしいところです!

 

http://www.acom.co.jp/p/lineup/credit.html

 

お金が無い人へ!借金と付き合う

お金が無い

借金は絶対しないという事で、クレジットカードもカードローン等も持たないという人もいますが、現在社会でまったく借金なしで生きていくことは無理があります。ちょっとした支払であってもクレジットカードで支払った方が便利ですし、おまけがつくことも少なくありません。住宅などを買う際に現金払いをする人の割合は非常に少ないはずです。
そのため、借金は忌み嫌う存在ではなく、うまく付き合っていく存在として賢く使うことが必要です。とはいえ難しい話ではなく、借金をしたら返済のコントロールをすることを考えればいいのです。借りたお金は返済する必要があります。当然利息が必要な場合もあります。返済のコントロールさえできれば借金は怖いものではありません。
借金とうまく付き合って、乗り切っている人は生活自体のコントロールがうまいです。若いのにちょっとおしゃれな生活をしている人を観察していると、スーツ等はちょっと上質のものを着ています。スーツのようにある程度耐久性があるものにはお金をかけるのです。しかし、お昼ご飯はコンビニのおにぎりで済ましたり、最近はやりの弁当男子だったりします。借金に限らず自分の生活をうまくコントロールできる人は、借金ともうまく付き合い、自分の生活を豊かにしています。
住宅や車は借金をして買っていいものだと言われています。これらの物は長期間便利に利用することができるので、利息を支払っても自分自身にとってメリットがあります。利用している間に返済できれば問題はないのです。賢い借金の好例でしょう。
これに対し、即時消耗品やギャンブルなどのために借金をすることは危険ですし、意味がありません。借金で破綻する人の多くはこのような理由で借金をしているのです。


会社と個人の借金の違い

お金が無い

一部の優良企業を除いて全くの無借金企業というものは少ないです。借金をすることで事業規模を拡大できますから、収益の拡大ができるのです。とはいえ野放図な借金が企業経営を圧迫することには変わりありませんから注意が必要です。
これに対し、個人がする借金で一番大きなものは住宅ローンでしょう。住宅ローンはその金額が1000万円単位であり、返済期間も20年も30年もかかります。自分の子供が大きくなり、やっと借金返済が終わった頃には定年退職の時期だったという事も少なくありませんし、退職金でやっと住宅ローンが終わったという事も少なくありません。
両社の違いは、借金をすることで収益が獲得できるか、あるいは単なる消費かという違いです。企業の借金は自社の信用を利用した事業拡大の手段です。返済資金は借金による売上拡大が原資となりますから、事業計画に問題ないと銀行側が判断すれば貸付が実行されますし、得られる利益が支払利息より大きければ十分収益も拡大するでしょう。
個人の借金は、その返済原資は主に給料です。働いて家の借金を返しづけるわけですが、家を買う資金を貯めてから買うとなるといつになるかわかりません。賃貸住宅に住み続けるという方法もありますが、一国一城の主という言葉もあるように、マイホームは男の夢です。マイホームを資産という人がいますが、売ってしまうと住むところがなくなるのでマイホームは資産ではなく消費財です。欲しいものを前倒しで買うと考えた方がいいでしょう。
このように、企業の借金は自社の経営拡大という目的でするものであり収益も拡大するプラスの要因です。これに対し、個人の借金は将来の収入をあてにして買い物をするマイナスの要因です。両者の違いはしっかり認識すべきでしょう。


ジャンプアップ

お金が無い

借金をする際、返済計画を立てればある程度の安心感をもって借入ができます。借金も野放図にすることは禁物ですが、借入資金を将来のためになることに使うなら生きた借金になります。借金は自分自身をジャンプアップさせてくれる手段です。将来の収入を前倒しで使うようなものですから不安もありますが、住宅ローンのように借金しないと買えないようなものもあります。自分で返済計画を立てる必要はありますが、それだけの価値はあります。
生きた借金をする人は、返済にも熱が入ります。自分のためになるものを買ったわけですから、返済し甲斐があると言えるでしょう。実際にこのような生きた借金をした人は貸倒も起きず、銀行も安心して貸すことができます。
これに対し、ギャンブル等のために野放図にする借金は単なる浪費です。ギャンブルも気晴らしにちょっとやる程度なら娯楽の範囲内ですが、自己資金だけではなく、借金してやるようになったら赤信号です。遠からぬ将来破綻するでしょう。ギャンブルのようなものは生産性もなく、単なる無駄使いです。
人によっては、借金という事自体にアレルギーを持っている人もいます。孫子の代まで借金をするなという家訓を持っている家も少なくないようです。しかし、別に借金のすべてが悪いわけではありません。生きたお金を使うための借金であれば別に問題はないのです。いい借金と悪い借金では違うのです。両者の峻別は大切でしょう。
生きた借金をするかしないかは、その人の人生を変えることも珍しくありません。住宅ローンの是非は人によってまちまちですが、それによって精神的に豊かになれるのであれば借金をした甲斐があるわけです。このような借金は自分自身をジャンプアップさせてくれるのです。


どうしてあんなに返済できるのか

お金が無い

週刊誌などの記事で芸能人などの有名人が、億単位の借金を返済してしまったという記事が出ています。ある大銀行でカードローンのイメージキャラクターをしている俳優は、過去に多額の借金を背負っていた過去があり、しっかり返済し切った経歴があります。銀行が一番喜ぶパターンでしょう。
しかし、このような話を聞くと芸能人は一体いくら稼いでいるのだろうかと思いたくなります。芸能人やプロスポーツの選手は、トップスターになれば年俸は億単位です。所属事務所などが税金の計算を有利にするようにしてくれており。できるだけたくさんのお金を手元に残すことができるようにしています。10億だろうが、20億だろうが返済で来てしまう原資があるわけです。
もっとも、そのような原資があるとはいえ、借金返済中は生活に制限がかかります。有名人の中には自分のイメージダウンを恐れてか、返済中も派手な生活をしている人がいますが、慎ましい女優さんなどは自分の生活を切り詰めて借金返済をしていたという話もあります。トップ女優とはいえ、借金を背負ってしまうとそのようなことになってしまうわけです。
有名人にとって自己破産の選択は、自身の有名人としてのキャリアに終止符を付けることになりかねません。すぐに週刊誌が記事にしますし、所属している事務所などもイメージダウンを嫌がって解雇してしまうことが少なくないのです。そのため、女優さんであればヌード写真集を作ってでも返済資金を調達して、なんとか自己破産を回避しようとします。
売れている有名人であれば、事務所なども返済のサポートをしますし、積極的に仕事の売り込みもします。本人は大変ですが、仕事があればやっていけるのです。こうしてウン十億と言われる借金でも返済してしまうのです。


花開くか自己投資

お金が無い

30代の独身男性を中心に自己投資が盛んになっています。資格試験の専門学校やMBA取得のための大学院は大人気のようです。人によっては海外の有名大学院を受験して自己資金で留学している人もいます。とはいえ、残念ながらこれらの人のうち多くは、志半ばで諦めることになります。難関資格の合格率は1割以下なのです。しかもこれらの学費は結構高額であることが多く、借金をして挑戦する人も少なくありません。
この手の借金は無担保融資なので金利は低くはないでしょう。おそらく会社の付き合いもソコソコに専門学校へ一直線と言うことも少なくありません。志が高いのはいいのですが、付き合いも大切です。上司の評価も芳しくなくなることが多くなります。
借金が増加しても出世競争に遅れても、目標が達成されれば問題はないでしょう。文字通り薔薇色の未来が約束され、称賛とやっかみの視線が降り注ぎます。しかし、問題は志半ばで諦めることになった場合です。すべての努力が無駄になり、借金だけが残ります。ハイアンドローと言うべきこの落差は一種のギャンブルです。
資格試験等の勉強に精を出しているこのような時期には勉強に熱心で、借金のことはあまり考えないのですが、ちょっと一息ついた時に改めて借金の重みを感じることがあります。自分の努力は報われるのだろうかという不安は、増加を続ける借金と共に自分の精神的安定を蝕みます。精神的に耐えられなくなる方が先か、合格や卒業が先かという極限の状態の日々が続きます。
自己投資も結構ですが、何事も予算があります。お金の予算だけではなく、時間にも制約という予算があります。予算の範囲内で頑張ることが一番大切であり、努力が花開く要因なのです。


更新履歴